1. ホーム
  2. ゆらぎ肌
  3. ≫36歳 アレルギー体質、敏感肌なので春先が一番肌荒れがひどい

36歳 アレルギー体質、敏感肌なので春先が一番肌荒れがひどい

私の肌悩みは、まず毛穴です。

いわゆるイチゴ鼻だけではなく頬にも毛穴が目立ち、乾燥も相まって笑うとその毛穴同士が繫がって頬一面に小じわがあるように見えてしまうことです。

笑顔という一番素敵な表情をすると、自分の中では一番最悪な肌の状態になってしまい、とても悲しいです。

また、アレルギー体質かつ敏感肌で、特に季節の変わり目に肌荒れが酷くなったり、多くの化粧品が合わないことも悩みです。

その為、美容効果より拒絶反応が起きないことが優先となるので、思う様にエイジングケアが出来ていないのが現状です。

ピンクで敏感肌も使いやすそうなアルケミー

まず、ピンク色のパッケージがとても可愛らしく、気分が上がりそうです。

ピンクは女性ホルモンを刺激する色とも言われますし、女性を綺麗にする色だと思います。

成分も自然な物を使っているようで良いですね。

敏感肌ですが、自然派化粧品ではトラブルが起きないことが多いので興味があります。

愛用者の声を見ても、毛穴・乾燥・敏感肌など、私と同じ悩みを持ち、かつ同世代の方々がいい効果を実感しているようで、説得力を感じます。

何か新しいものを買う時の一番の検討材料は口コミですので、沢山の愛用者の声は参考になります。

また、トライアルセットがあるのもいいですね。

敏感肌で合わない化粧品が多いので、切り替える時は必ずトライアルセットを使ってから決めるようにしています。

アルケミーのトライアルセットは6種全ての商品を試せるようになっているのが素晴らしいと思います。

フルラインのトライアルセットがあるものは中々無いです。

化粧水が合ってもクリームは合わないということも多々ありますし、有難いです。

30代になってから興味を持った酵母や発酵

自然な成分で綺麗になれるというのはとてもいいことだと思います。

身体にとっても自然ですし、本来あるべき姿です。

酵母や発酵といったものには30代になってから特に興味を持つようになりました。

身体が疲れやすかったり、冷えやすかったり、ホルモンバランスが崩れやすかったり。

肌だけでなくそんな身体の不調を感じるようになってから、酵母や発酵に興味を持ち始め、納豆や味噌、漬物、甘酒など酵母や発酵食品を積極的にとるようになり、自分でも作るようにまでなりました。

その中でも特にハマったのが甘酒で、毎日適量を飲むようになってから冷えも解消されてきて、肌もきめが整いツヤが出てきたように思います。

綺麗になりたいけれど、敏感肌用や自然派の化粧品以外では殆どの場合で拒絶反応が起き、赤み、痒み、ヒリつき、吹き出物などの肌荒れが起きます。

しかし、敏感肌用や自然派の化粧品は効果も優しすぎでいまいち満足できないものが多いです。

その点、酵母や発酵成分については、これまでの実体験から効果に実感があるので「植物由来の酵母エキス」は私に合う美容成分ではないかと思いますし、とても興味があります。

端アンジェリカさんの「乾癬」を知って

アルケミーを愛用している芸能人とていは後藤真希さんと道端アンジェリカさんが気になります。

後藤真希さんはよくブログですっぴんの写真を載せていますが、いつもお肌がとても綺麗でツルツルぴかぴかですよね。

かなり短い期間に2子を続けて産んで、身体の負担も大変なものだったでしょうし、子育ても忙しいでしょうに、そんなことを感じさせない美しさです。

いつもバッチリ化粧をしてスポットライトを浴びている方よりも、今は子育てをしながら大変ながらも普通の生活を送っているのかなという、後藤真希さんのような方が使っているというのを見ると使ってみたいなと思います。

また、道端アンジェリカさんは最近「乾癬」であることを告白されましたね。

私はこの疾患ではありませんが、アレルギーなどで大きく肌のコンディションが落ち、湿疹や皮膚のめくれなどが起きることも多いので、とても共感を覚えました。

美しくある事が仕事のモデルであるアンジェリカさんが試行錯誤の末選んだのがアルケミーなのかなと思うと、とても興味を惹かれました。

ここ数年で一気に出てきたゆらぎ肌

ここ数年で聞くようになった言葉ですが、まさしく私は揺らぎ肌だと思います。

一年中敏感肌ではありますが、季節の変わり目では必ず肌の調子が悪くなり、特に春先が一番ひどいですね。

蕁麻疹のような湿疹や、赤み、痒み、吹き出物、毛穴の詰りの悪化、皮膚の表面が厚くごわつき、ひび割れやめくれなども置きます。

酷く乾燥する場所、逆にテカる場所も出て来て、顔全体にありとあらゆるトラブルが出ます。

それまで使っていた化粧品、洗顔料なども全てヒリヒリするようになり、何をしても何をしなくても一日中顔が痛いです。

そのようになると数日は何もつけずに水洗顔だけで過し、その後皮膚科で買える超敏感肌用の化粧品をシリーズを使えるものから極少量を使い始め、メイクが出来るようになるまでには2週間ほどかかります。

このような揺らぎを感じるようになったのは30代になってからで、体質の問題もありますが、季節の変わり目を乗り越えるだけの肌体力がなくなったことも原因なのではないかと思っています。

季節の変わり目だけでなく、一年を通して肌体力そのものをあげるケアをすることが揺らぎ肌への一番の対策となるのではないかと思います。

シェアをお願いします。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。